【公式】コスト削減の実績。安心の重量鉄骨は専門のゼロホームで。

スタッフブログ・新着情報

足立区西新井栄町2丁目/重量鉄骨3階建保育園新築工事

こにちは!!
ラグビー日本代表初の決勝トーナメント進出決まりましたね。
ニワカラグビーファンですが、昨日は前後半FULLでTV観戦してしまいました。
台風の影響で中止であれば、引き分け扱いで自動的に進出でしたが、
試合が開催され自力での勝利!!決勝トーナメント進出の切符をつかみ
選手も納得のいく結果となりましたね。

こちらも、納得いく建物の完成を目指して現場の御報告をさせていただきます。
本日は屋上防水の御報告です。

IMG_5605.JPG
まずはデッキコンクリートの上にプライマーを塗りの作業です。
コンクリートと防水材の接着力を高めるために行う作業となります。
下地が乾いていないとプライマーの意味も果たさない為、雨が降ったあとは数日乾燥の日にちを
とる必要があります。

IMG_5613.JPG
立上り部分を含め全面にプライマーを塗り第一段階完了です。

IMG_5702.JPG
厚手のゴムシート様なシートをバーナーを使い融着にて貼り付けを行います。
写真上部が施工後で、写真下部が施工前の状態です。

IMG_5719.JPGのサムネール画像
入角・出角のコーナー部分も、バーナーであぶりながらしっかり形状に合わせて密着させます。

IMG_6144.JPG
防水シートの上に断熱材を敷き詰め、表面に絶縁シートを張り防水業者の作業は完了となります。

IMG_6586.JPGのサムネール画像のサムネール画像
今回の防水は非露出タイプの為、表面に保護モルタルを施工します。
温度変化等による亀裂を軽減する為の伸縮目地を設置中の状態です。

IMG_6898.JPG
伸縮目地とメッシュ筋の設置後にモルタルの打設を行います。

IMG_6939②.JPG
打設完了後、一晩養生後の状態です。
(中央の部材はこの後の屋上フェンスの材料です)
あとは、雨水処理の為の溝の形成と立上り部分の保護モルタル塗りを行って
完了となります。


まだまだ仕上げまでの作業がありますが続きは、また後日の報告とさせていただきます。


渋谷区円山町/鉄筋コンクリート造4階建カプセルホテル新築工事

こんにちは。
中日の松坂投手の退団が決まりました!
自由契約となり、先の予定は不透明ですが現役続行で前向きの様ですね。
しかし、心配ないのはネットニュースにタモリさん引退の噂が・・・。
Mステの放送時間変更もいとるの理由かわかりませんが、噂で終わってほしいですね。

本日は2F床と1F壁の躯体打設後の御報告です。
IMG_4242.JPG
打設前の正面の外部状況です。

IMG_4034.JPG
打設の前に、この後の写真で一つ目につくところの説明です。
床の型枠施工時に下の階から基準墨を上の階に上げるため、前もって穴をあけておきます。
打設時には塞がないと下の階にコンクリートが流れてしまいますので下の写真の様に
キャップをします。

IMG_5740.JPG
黄色い部材がキャップになります。
打設分の高さより高い物をセットし、一緒に埋まってしまわない様に配筋より高く伸びています。

IMG_5746.JPG
いよいよ打設の開始です。
まずは階段から打ち始めます。
階段は型枠の面数が多く、固定箇所多いのですが、一つ一つの面積が小さく、
先日の写真の様に単管等で全体の固定が出来ないので、膨れない様に
一段一段ゆっくり打設します。

IMG_5748.JPG
階段の次は外部廻りの壁を打設します。
壁自体の高さがあるので下の方は全く見えません。
鉄筋と鉄筋の隙間にしっかりコンクリートが流れるよう専用の道具で高周波振動を与えて
打設を行います。

IMG_5750 - コピー.JPG
最後に床スラブの打設となります。
青の丸印の黄色い物が最初の方で写真を載せた開口部のキャップとなります。
打設したスラブより高くなっており、後で引き抜けるようになっております。
赤の丸印は、スラブのレベルを測り、基準の高さになった部分を目安に周辺も同様の
高さに均していきます。

IMG_5753.JPG
打設の完了状態がこちらです。
と言っても、1Fの土間スラブと大きな変わりはありません。
同じ躯体位置で上がっていきますので逆に、変わっていたら躯体がズレることになるので
問題になってしまいます。

次回は型枠の解体と、2階壁の型枠作業を御報告いたします。

足立区西新井栄町2丁目/重量鉄骨3階建保育園新築工事

こんにちは。
前回のブログでセリーグの優勝について記載しましたが、
今朝のネットニュースによると昨日パリーグの西武優勝も決まりましたね。
28年ぶりの連覇だそうで!
自分が子供のころはセリーグと言えば巨人!
パリーグと言えば西部!の時代でしたが・・・・28年ぶりの連覇なんですね。
・・・歳を感じます。

気を取り直し、こちらは2日ぶりの更新を進めさせていただきます。
前回から外部廻りの御報告となっておりますが、本日はエレベーター(EV)の御報告です。

IMG_5221.JPG
まずはEVピットの防水作業です。
EVシャフト(EVを設置する空間)は1階床高さよりも下まで伸びていて、地中の高さになります。
一番下層のEVピット内には精密機器の設置がある為、念押しで周囲の防水を行います。

IMG_5484.JPG
EV本体工事のスタートはシャフト内の足場設置となります。
EVピット~最上階まで≒14mもありますので、安全確保と足元安定の為に必要な足場になります。

IMG_5541.JPG
EVピット床面にはレール、配線設置の為の架台を取り付けます。
写真に乗っている部材以外にも細かい部材の設置があります。

IMG_5654.JPG
各階の乗り降り口には、EVの操作盤が付く為、床のレベルに合わせた高さで
ALCに取付用の開口を設けます。

IMG_5721.JPG
1階のEV乗り降り口状況です。
廻りの壁はこれからの仕上げになります。
扉の中はでは現在本体のカゴを組立・設置中の状態です。

EV工事完了までにはもう少しかかりますので、内部の状態は完了後の御報告と
させていただきます。

渋谷区円山町/鉄筋コンクリート造4階建カプセルホテル新築工事

おはようございます。
各地でラグビーワールドカップが行われていますが、「お辞儀ブーム」だそうです。
海外の試合を見ると、手をたたいて高く掲げる様子を見ますが、一時「セリエA」でも取り上げられましたね。
今後も世界へ広がっていくのでしょうか?

本日の内容は前回の続きで、2F床・壁の施工報告となります。
まずは、壁と天井梁の配筋完了後に、内枠と梁の型枠施工となります。
IMG_3931.JPG

IMG_3996.JPG
内側の型枠設置が終わると、枠が膨らまないように各所に抑えの単管を設置します。
ホームタイ(T字の金具部分)の脇に単管を固定していきます。

IMG_4059.JPG

IMG_4013.JPG
単管の抑えが終わると、2Fの床枠補強を行い床枠を張り、下からサポートで支えます。

IMG_4044.JPG

IMG_4150.JPG

IMG_4031.JPG
上部での作業や、コンクリートの打設時に床が抜けない様、下からの支えサポートを
いたるところに設置します。
ここまでくると奥まで行くには都内の人混みを抜けるように軽やかに歩くのですが、
たまにお腹や背中がサポートにぶつかります・・・。(ぶつかるのは人によりますが!)

IMG_4231.JPG
2F床のスラブ配筋と同時に、水廻りの排水管用のスリーブ設置も行います。
室内の仕上げの関係で、床下が確保できない為各設備の下の階へ排水をおろす為、
このタイミングでの設置が不可欠となります。

IMG_5741.JPG
その他、電気関連の配管設置も同時進行となります。

ここまできて、ようやく2Fスラブの打設が行える状態となります。
あとは、コンクリートの打設を水平に施工できるように基準レベルを設定し、打設となります。

次回は2F床と1F壁の打設後の御報告となります。

足立区西新井栄町2丁目/重量鉄骨3階建保育園新築工事

こんばんは。
今日は風もあったせいか、過ごしやすい一日でしたね。
やっと秋らしくなってきましたが・・・またもや台風が発生!!
消滅するかせめて反れてほしいものです。

そんな中での外部廻りの進捗報告です。
まずは外壁塗装です。
一層目は下塗りを行います。まずは真っ白!
IMG_4294.JPG

IMG_5245.JPG
次に中塗りです。
今回は表面に粒状の柄(パターン付き)となりますので、2層目でパターン付けまで行います。
ムラが出ないように面毎に職人を決めて、2層目の担当してもらいます。

IMG_5246.JPG
パターン付けが終わるとこんな模様が付きます。
パターンも色々あって似た模様も沢山あり、提案するにも御施主様に決めてもらうにも
悩むことが多い項目の一つですね!
毎現場、塗料メーカーにサンプルを依頼して、色・パターン・ツヤの確認が必須です!

IMG_5580.JPGのサムネール画像
3層目の仕上げ状況です。
あえて、途中の写真ですが、左が完成状態で右がパターン付けまでの状態です。
仕上はクリーム系の色になりますので違いがはっきりしていますね!

IMG_5596.JPG
こちらは1階層の仕上げ状況です。
3階建ての建物で、ALCのメジラインで見切りを付けて
1階層のみ外壁を茶色系に分けています。
月末には足場の解体を予定していますので、全体の色がはっきりしてきます。

現在は足場がらみを先行で進めていますので内部はまだ下塗りの部分が多いので、
次回の御報告にさせていただきます。


三鷹市中原/解体・擁壁工事

おはようございます。
ここ最近は東京五輪の代表枠を決める大会が多くなっていますね。
中には、開催国ということで自動的に出場できるスポーツもありますが、
昨日は東京で行われたマラソンで男女2名の代表選手が決まりましたね。
コースは東京五輪で行われるコースとほぼ同じコースを走ったようですが、
練習でもコースの環境を知れるのは自国開催の特権ですね!

では、本日は擁壁の完了報告を行います。
まずは完成後の全景です。影があり少し見ずらいですが、下にアップの写真を掲載します。
IMG_4936.JPG

IMG_4947.JPG
全景右側の擁壁写真です。表面に見えるのは水抜き穴です。

IMG_4949.JPG
中央階段部分と中央土間部分です。
中央に敷地の区切りとなる様に、インターロッキングと手摺を設置しています。

IMG_4948.JPG
全景左側の擁壁写真です。
この写真では見えないですが、お隣様の擁壁の間にはエラスタイトという
スポンジに似たもので縁切りを行っております。

IMG_5387.JPG

IMG_4943-1.JPG

IMG_4944.JPG
擁壁の内側写真です。
隣地との間に目隠しフェンスや、メッシュフェンスを設置しております。

ここまでで、敷地内の造成も終わり擁壁工事の完了となります。
この後、無事御施主様への御引き渡しも完了し全てが終了しました。
これにて「三鷹市中原/解体・擁壁工事」の御報告も完了となります。

渋谷区円山町/鉄筋コンクリート造4階建カプセルホテル新築工事

おはようございます。
本日は風があり少し涼しそうですね!
夏の終わりでしょうか・・・・?

本日の御報告はRC造の現場となります。
先日の御報告では、基礎地中梁配筋の完了報告でしたが、その後の型枠・打設・埋戻しから
の御報告です。
IMG_3165.JPG
まずはフーチン廻りの高さまで、ベースコンクリートの打設を行います。

IMG_3411.JPG
ベース打設後に改めて地中梁の枠を建てて、地中梁のコンクリート打設を行います。

IMG_3482.JPG
枠を解体後に、各ピットの埋め戻しを行い。防湿シートを貼り、捨コンクリートの打設となります。

IMG_3552.JPG
捨コンクリートの打設後に床スラブの配筋・設備や電気の先行配管を行います。

IMG_5476.JPG
上記の作業が終わり、ようやく1Fのスラブ(床)コンクリートの打設となります。

IMG_3567.JPG
スラブ打設後は、外周部の型枠立上げの段取りを行います。
基準墨から壁のラインを出し、枠を建てる目安位置に敷桟を行います。

IMG_3749.JPG
外枠の枠建込みを行い、開口の位置出し、内壁とつなぐセパを取り付けます。
この後、壁配筋を行い内枠を建込みます。

IMG_3762.JPG
外枠の建込みの際に、外部の抑え単管の設置も行います。
枠だけでは、固定までの間に傾いたり、配筋の際に位置がずれる可能性がありますので、
概ねの固定まで完了させます。

IMG_3881.JPG
外枠が終わり、壁配筋を行い、再度配筋の記録写真撮影を行います。
構造上、上層階の壁と一体になるので定着を取る必要があります。
その為、枠より上に定着に必要な長さを伸ばして施工しています。


現在、1F壁と2Fスラブの打設が終わり2Fフロアの壁施工に進んでおります。
少し御時間を頂き写真をまとめ次第、改めて御報告とさせてただきます。

足立区西新井栄町2丁目/重量鉄骨3階建保育園新築工事

おはようございます。
台風が通り過ぎましたが、関東の工事現場で足場倒壊の
ニュースを見て、現場に着くまで自分の現場は大丈夫か心配でした。
幸い、まだ低層の足場の現場と3階建てでも補強が取れており、無事でした。

では、本日の御報告です。
本日はALC工事御報告となります。
前回の各階スラブ打設後に墨出しを行い、ALC工事着工となります。
ALCは耐火性の壁材となり、外壁や火事の際に火が廻らないように防火区画と言われる
内壁などに使用します。

IMG_2725.JPG
まずは、ALC工事前の状況です。
(コンクリート打設前の状態です)

IMG_2907.JPG

IMG_3174.JPG
資材の搬入となります。
先行でALC材を固定する為のアングルを搬入し、ALC設置個所に固定していきます。

IMG_3445.JPG
窓や出入口の開口を残し、既に割付通りのサイズにカットされて搬入されたALCの取付を行います。
開口部にはアングルで四方に開口補強を行います。
この補強に、後日サッシの取付時に溶接止めを行います。

IMG_3790.JPG
バルコニー側の外壁と下がり壁の設置状況です。

IMG_3799.JPG
1階の柱巻き状況です。
全体の外周壁とバルコニー下がり壁、1階柱、階段室にALCを取り付けて工事完了となります。

IMG_4268.JPG

IMG_4252.JPG
その後、鉄骨の見えている部分には耐火被覆と呼ばれるロックウールの吹付を行います。
壁の緑部分は断熱材のウレタン吹付状態です。

内装は、御施主様手配の別業者様の工事となりますので、当社は非常照明等の設置を行い、
内部の施工が終了となります。

現在、外壁塗装を行っておりますので次回の御報告は外部の仕上げ状況の御報告となります。

三鷹市中原/解体・擁壁工事

おはようございます。
また、日本に台風が近づいてきましたね。
ニュースでは停車している車が横転するほどの強風が吹いている
映像が流れていました。
現場の足場も急いで職人さんへ台風養生の依頼を掛けましたが、
台風が過ぎるまでは安心できなそうです。

本日の御報告現場は足場も外れ、御引き渡し間近の現場になります。
前回からの引き続きで、本日は打設・型枠解体等の状態報告となります。

IMG_4471.JPG
こちらが打設状況です。
コンクリートを流し込み、高周波のバイブレーションで振動を与えて、鉄筋と鉄筋の間にもしっかり
コンクリートが詰まるように作業を行います。
コンクリートがまんべんなく流し込まれないと、陥没が出来てしまったり、ジャンカという気泡のような
隙間が出来てしまい強度不足の原因や見栄えが悪くなってしまします。
また、流し込むコンクリートは水分を含んでおり、下の方で膨らむことがあるので一気に流さず、
徐々にゆっくり流し込んでいきます。
建物の基礎と違い壁の場合は流し込む垂直距離が高い為、人手を増やし慎重に進めます。

IMG_4478.JPG
養生期間を取り、型枠の解体後がこちらになります。
ジャンカも無く、コンクリートの打設は無事完了となります。
この後、上部のフェンス設置用の壁を再度立ち上げます。

IMG_4952.JPG
まだ完了ではないですが、ひとまず作業のやりやすい高さまで宅地内の埋め戻しを行います。
せっかく作った擁壁が泥で汚れないように養生シートを掛けながら一定の高さまで埋め戻します。

IMG_3707.JPG
下から階段を上ってきた先の突き当りの壁の製作となります。
以前の擁壁同様で、配筋を行い型枠を施工し打設となります。
擁壁同様に何度も垂直を確認し施工しますが、打設前最終チェックを行い、
いざコンクリートの打設となります。

IMG_3704.JPG
中央の壁と合わせて、隣地沿いの壁も同時進行で進めます。
隣地様のブロック塀と一体化しない様、エラスタイトというスポンジのような板を貼り
ゆくゆく、ブロックを解体しても影響の無いように施工を行います。

IMG_3702.JPG
打設を行い、型枠の解体が終わった状態です。
このあと、擁壁の天端へフェンス設置用の段取りを行い、さらに上部へ壁を伸ばします。

IMG_4953.JPG

IMG_4086.JPG

IMG_4084.JPG
申請済みの構造高さの上にフェンス用の壁施工の完了です。
この後は、中央階段や土間製作と型枠を抑えていたピーコンの穴や、枠と枠の継ぎ目の
凹凸処理を行います。

現場は無事施工完了となりましたので、写真を整理して次回は完了の御報告が出来そうです。

渋谷区円山町/鉄筋コンクリート造4階建カプセルホテル新築工事

こんにちは。
8月10日・・・今年のコラボイベントは見送りになっていました。
そして、結果的に8月10日は「イエローハットの日」と認定されたようです。
来年のコラボ企画はまだ白紙のようですが、他の関連企業も参加して大きなイベントになるといいですね!

本日は円山町の基礎配筋工事の御報告となります。
まずは資材の搬入ですが、縦長の敷地奥へはユニック車では鉄筋の重量と距離の関係で
下せない為、クレーンを使用して搬入を行いました。
クレーンの方が搬入時に取り回しがきき効率よく搬入が行えました。
IMG_2745.JPG

基礎エースを設置し、梁の大まかな位置を確認しつつ、空いたスペースに配筋材料を
搬入していきます。
IMG_2738.JPG

材料は敷地内が埋まってしまうほどの量なので、荷受け者と施工者を別けて
同時進行で行います。
IMG_2763.JPGのサムネール画像

水糸とスケールで寸法を確認しつつ配筋を進めていきます。
本来なら床に墨が打ってあるので、今回はひと手間増えてしまいました。
IMG_2922.JPG

IMG_2926.JPG

配筋の継手にはD19以上のサイズは圧接を行いました。
これにより、重ね継手より鉄筋量も減り、過密配筋を軽減できるため、配筋同士のアキも
確保できます。
IMG_2943.JPG

IMG_2950.JPG

圧接が完了すると、周りの配筋を進め、全体の完了となります。
IMG_3075.JPG

配筋はコンクリートに埋まってしまい全く確認出来なくなりますので
このタイミングでチェックと査時に質疑があった際の為に写真撮影を行います。
上記作業の完了後に枠工事を進めることとなります。

現在は基礎の打設・埋戻しも完了し、お盆休み明けから1Fの躯体工事に入っていきます。
ゼロホームでは、お問い合せ内容への
回答以外の、しつこい電話営業は一切いたしません。
自信があるから相見積りも歓迎です!
まずはお気軽にご相談ください。
【お電話でのご相談】0120-691-222

10:00~18:30/日曜定休