【公式】コスト削減の実績。安心の重量鉄骨は専門のゼロホームで。

スタッフブログ・新着情報

三鷹市中原/解体・擁壁工事

こんにちは!
6月も中旬に入り、雨の日が続いたかと思えば、
暑い日もあり、肌寒い日もあり、気候の変化が多い季節になりました。

本日は三鷹市中原擁壁工事について報告します。

IMG_1283.JPG

IMG_1284.JPG

擁壁を支える為の鋼管杭を打ち込んでいきます。

IMG_1287.JPG

IMG_1280.JPG

IMG_1290.JPG

その後、予定地盤面まで掘削を行います。

IMG_1293.JPG

IMG_1282.JPG

擁壁底盤の鉄筋と緊結する為に、補強筋を鋼管杭に溶接します。

同じく擁壁底盤のコンクリートと緊結する為に、パイルキャップを用います。

今後も随時、工事が進捗次第報告します。
職方の皆さん、今後も安全第一でお願いします。

近隣の皆様、引き続きご協力の程、宜しくお願いいたします。




品川区西大井/擁壁工事

こんにちは。
いよいよゴールデンウィーク突入ですね。
今年は、改元もあり大きな節目をむかえますね。

今回は品川区西大井の擁壁工事の報告を致します。

品川区西大井_190427_0237.jpg

品川区西大井_190427_0241.jpg

品川区西大井_190427_0250.jpg

底盤に鉄筋を敷き、設計図通りに組まれているか確認します。

品川区西大井_190427_0290.jpg

品川区西大井_190427_0291.jpg

立上りも同じく確認します。

品川区西大井_190427_0303.jpg

品川区西大井_190427_0305.jpg

型枠を設置し、この後、コンクリートを打設します。

線路沿いの敷地で施工しているため、鉄道会社さんと協議をしたうえで、
今後も安全性を十分に確保しながら施工いたします。

川越市豊田町/駐車場整備工事

2019.04.20

/ その他 / 新着情報
こんばんは。
すごし易い季節になりましたね。
4月も中旬が過ぎ、平成も残り僅かとなってきました。

今回は、川越市豊田町で施工した、駐車場整備工事の報告を致します。

川越市豊田_190420_0004.jpg

RIMG0318.JPG

RIMG0321.JPG

川越市豊田_190420_0037.jpg

まずは、整地工事を行います。

RIMG0331.JPG

RIMG0334.JPG

RIMG0333.JPG

川越市豊田_190420_0040.jpg

川越市豊田_190420_0043.jpg

下層路盤は4㎝程の砕石を敷き、転圧をかけ、
上層路盤は3㎝程の石灰交じりの砕石を敷き転圧をかけます。
これは、沈下を避ける為、砕石は二層になっております。
その後、区割りのロープを敷設します。

川越市豊田_190420_0063.jpg

川越市豊田_190420_0066.jpg

最後に車止め用の単管パイプを設置し完成です。

一見簡単なようで、土の部分を含め計3度転圧が必要な、
意外と手間がかかる工事となります。

三鷹市中原/解体・擁壁工事

2019.02.16

/ その他 / 新着情報
こんばんは。
今日は暖かく、来週も温暖な日が続くそうですね。
今回は新規三鷹市解体・擁壁工事の様子を報告します。

IMG_1119.JPG

IMG_1121.JPG

IMG_1124.JPG


まずは内装を解体し、廃材ごとに分別します。

IMG_1122.JPG

IMG_1123.JPG

工期短縮の為、解体と同時に樹木を伐採し、
ボーリング調査の準備を行いました。

IMG_1125.JPG

櫓を建て、ボーリング調査を行い、土質と地耐力を調査します。

結果に応じて、杭工事や擁壁の構造を検討します。

擁壁工事の施工が始まったら、又報告します。

職方の皆さん安全第一でお願いいたします。
又、近隣の皆様、何かとご迷惑をおかけしますが、
ご容赦いただきますようお願いします。


品川区西大井/解体・擁壁工事

2019.02.02

/ その他 / 新着情報
こんにちは!
冷え込む日々が続きますね。
今回は品川区西大井で施工されている、解体、擁壁工事を報告します。

IMG_1075.JPG

鉄道と隣接している敷地の為、鉄道会社さんと協議をしたうえでの施工となりました。

IMG_1077.JPG

IMG_1079.JPG

IMG_1080.JPG

まずは、内装を解体していきます。
廃材により分別しつつ工事を行っていきます。

IMG_1081.JPG

IMG_1082.JPG

内部解体が終了したら、養生シートを設置します。

IMG_1083.JPG

IMG_1084.JPG

重機を使い、上屋を解体していきます。

IMG_1085.JPG

こちらも、廃材により分別をしたうえで搬送します。

解体が終了したら、いよいよ擁壁工事を行います。
近隣の皆様、何かとご迷惑をお掛けしますが、
何卒、ご協力いただきます様お願いいたします。

職方の皆さん、安全第一で引き続きお願いいたします。




加須市柳生/造成工事

こんにちは!
日が落ちるのも早くなり、コートが必要な季節になりましたね。
今年の猛暑から一転、秋を感じる間もなく冬の到来を予感させます。

さて、今回は加須市の造成工事の様子を報告します。

加須市柳生造成_181121_0001.jpg

加須市柳生造成_181121_0005.jpg

今回は駐車場を造成する為、まずは整地工事を行います。

加須市柳生造成_181121_0017.jpg

加須市柳生造成_181121_0019.jpg

敷地と道路境に水路を設ける為、ボックスカルバートを設置します。
その為に掘削し、割栗石を敷き、転圧します。

加須市柳生造成_181121_0021.jpg

加須市柳生造成_181121_0023.jpg

鉄筋を敷き、コンクリートを打設します。

加須市柳生造成_181121_0029.jpg

加須市柳生造成_181121_0055.jpg

ボックスカルバートを設置します。

加須市柳生造成_181121_0063.jpg

加須市柳生造成_181121_0078.jpg

敷地を均し、砂利を敷き詰めていきます。

加須市柳生造成_181121_0086.jpg

加須市柳生造成_181121_0090.jpg

無事、工事完了です。

施工前から比べ、すっかり綺麗な駐車場が出来ました。
ご近隣の皆様、ご協力ありがとうございました。
職方の皆さん、お疲れさまでした。



邑楽郡板倉町/掘削工事

こんばんは!
秋もすっかり深まり、日が落ちるのも早くなりましたね。

本日は、邑楽郡板倉町にて施工した掘削工事の報告です。

IMG_0965.JPG

IMG_0966.JPG

今回は、配管用の掘削となります。

IMG_0967.JPG


予定箇所の掘削が完了し、配管を敷きます。

今回は掘削のみの工事となり、工期は一日。
短いながらも、無事完了して安心しました。








多摩市桜ケ丘3丁目/擁壁工事

2018.07.05

/ その他 / 新着情報
こんばんは、
梅雨が明けて暑い日が続きますね。
今日は久しぶりの曇りでしたので、暑さが多少和らぎましたね。

今回は桜ケ丘擁壁工事の報告をします。

IMG_0714.JPG

IMG_0713.JPG

まずは、擁壁の底盤部分を掘削します。

IMG_0710.JPG

IMG_0712.JPG

表層改良材を使用し、擁壁の重量に十分耐えられる地盤に改良します。

土砂災害から建物や周囲を守る重要な工事になります。

しっかりと施工して、安心してお住いになれるように致します。






東京都北区王子2丁目/重量鉄骨4階建てマンション新築工事

おはようございます。
本日は王子2丁目現場の御報告です。

先日の基礎コンクリート打設から、養生も終わり埋め戻しが始まっております。
IMG_2402.JPG
型枠を解体し、基礎の全貌が見えてきます。
いつも思いますが、型枠解体後の基礎状態は綺麗に形を形成し着工時から見ている風景が全く変わり充実感に満たされます。
IMG_2404.JPG
解体が終わると、埋め戻しと合わせて埋設配管を行います。
配管が床や廊下に飛び出して配管しないように、メインの配管を地中に通しておく作業です。
また、特に排水管は水が自然に流れるよう、決められた勾配をつける為、下水道管に直接繋がる桝を基準に一番遠くの排水位置まで高低差を作る為、地盤下で配管を通す必要があります。
IMG_2417.JPG
合わせて梁と梁の間のピットの埋め戻しを進ます。
IMG_2408.JPG

IMG_2412.JPG
埋設配管や柱の建つアンカー位置、スラブと地中梁をつなぐフカシ筋を残し
埋戻し完了となります。
IMG_2411.JPG

IMG_2420.JPG
次は、いよいよ鉄骨建方となります。
やっと実際の建物の形が見えてきます!!
では、次回の報告をお待ちください!!

東京都北区王子2丁目/重量鉄骨4階建てマンション新築工事


おはようございます。
本日は「北区王子2丁目」の御報告です。
前回の御報告は杭工事でした。
本日は根伐工事の御報告となります。

現場の出入り口から奥行きの長い敷地の為、今回は掘削重機を2台使用し、
奥から手前へ2段階で掘削した残土を搬出しました。
IMG_1133.JPG

IMG_1221.JPG

IMG_1223.JPG

基準となる地面の高さを決めて、基礎に必要な深さまでレベル計を使用して確認しながら掘削を
進めます。
IMG_1157.JPG

深さが足りないと既定の基礎が作れなくなり、逆に深すぎると予定より多く砕石を入れたりコンクリートを
打設する必要が出てきますので、地上と掘削した下の位置とで二人体制で
しっかりレベルを測り必要な深さまで確認しながら作業を進めます

また、掘削前日の雨水と地中からの湧水で水が溜まってしまうため、根伐りと併せて
水を溜める「釜場」を作り水の排出を行いました。
IMG_1135.JPG

IMG_1227.JPG

土が柔らかく泥水もある為、ノッチタンクというろ過装置を経由して水分のみ
排出を行います。
IMG_1226.JPG

こちらが根切り完了状態です。
IMG_1404.JPG
杭を打ちこんだ部分は基礎梁よりも地中方向に長い為、その周りのみこの後の作業に必要な
スペースを確保し掘り下げてあります。
また根伐り後の底盤には砕石を50mmの厚さで敷き詰め、この上にコンクリートの打設を行います。


現在は基礎の配筋作業が完了し、型枠作業が進んでおります。
地中梁打設工事と合わせて次回のブログに載せようと思います!
ゼロホームでは、お問い合せ内容への
回答以外の、しつこい電話営業は一切いたしません。
自信があるから相見積りも歓迎です!
まずはお気軽にご相談ください。
【お電話でのご相談】0120-691-222

10:00~18:30/日曜定休