【公式】コスト削減の実績。安心の重量鉄骨は専門のゼロホームで。

スタッフブログ・新着情報

東京都町田市中町1丁目/重量鉄骨造3階建てクリニック兼共同住宅

こんばんは。
ここ最近は、蒸し暑い天気が続きますね。
梅雨らしいと言えばそれまでですが、今年は梅雨時期にしても雨や曇りが多く、
どこかの県では日照時間が例年と比べて18%らしく、作物にも影響しているそうです。
暑すぎるのもまいりますが、作物の高騰もまいりますね!!

暗い話から切り替えて本日は完成の御報告です。
町田市の現場が完了しており、やっと写真の整理が付きましたので御報告です。
今回は、タイトルの通り3階建ての1階クリニック・2~3階が賃貸となる建物でした。
御施主様の御了承もいただき、看板が付いた最終の状態写真をUPさせていただきます。

IMG_2829.JPG

1階はオーナー様の歯科医院となります。
IMG_2769 - コピー.JPG

1階と2~3階で色も形も違うタイルを使用しています。
メーカーから複数のタイル見本を取り寄せ、オーナー様と打ち合わせを重ね厳選したタイルです。
1階の白いタイルは清潔感があり、2~3Fのタイルは温かみのあるタイルでお互いが強調せず
良い色合いですね!
(ちなみに歯科医院の看板と右側のガラスのプリントシールはオーナー様手配の業者様施工です)

IMG_3016.JPG

IMG_3018.JPG

賃貸部分は1フロアに「1LDK」と「2LDK」の部屋でキッチンもファミリー向けにワイド2.1mにグリル付きの3口コンロです。
IMG_3013.JPG

IMG_3011 - コピー.JPG

IMG_3014.JPG

お風呂は、追炊き・浴室乾燥機が完備されています。
IMG_3008.JPG

トイレも今では一般的ですがシュレット付き!
照明は消し忘れの無いよう人感センサー式となっております。
IMG_2984.JPG

リビングと寝室にはエアコンも設置済みです。
IMG_2999.JPG

下駄箱も腰高サイズとトールサイズの大容量です。
中は可動式の棚で、ブーツや長靴もしっかり収納出来ます。
IMG_2985.JPG

こちらはオーナー様の配慮で、駅が近く人通りも多いのでベランダ物干し以外に、室内物干しも
設置しています。
IMG_3015.JPG

IMG_3022.JPG

IMG_3023.JPG

IMG_3030.JPG

IMG_3005.JPG

各部屋はもちろん、廊下にも可動棚付収納スペースを設けいているので、荷物が多くても安心です。
IMG_8025.JPG

宅配BOXや女性に喜ばれるオートロックも完備です!
駅近・新築で住みやすそうな建物が完成しました。

こちらはクリニックの内装です。
医療器具が入る前の写真となります。
専門的な医療器具は設置はオーナー様手配の業者様区分で当社は内装仕上げまでまでの
工事となります。
IMG_0276.JPG

スタッフ通路や患者様通路、診療室全てが白系の仕上がりにライトを多めに配置し
明るく清潔感たっぷりの仕上がりとなりました。
IMG_7125.JPG
受付や患者様通路は白のタイル張りで、天井に間接照明を設置し高級感のある仕上りとなりました。
内部のタイルもオーナー様が自らショールームへ足を運び選んだ商品で海外製からの取り寄せ品なんです!

IMG_8048.JPG

無事、保健所の検査も完了し開業しておりますので、お近くの方は是非足御運んで実物を
御覧になってください。


それでは、次回からは引き続き建築中の物件報告を致します。

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

弊社のゴールデンウィーク休業についてお知らせ致します。

令和元年5月3日(金)~5月6日(月)の4日間をお休みとさせて頂きます。

休み期間中のお問い合わせにつきましては、弊社ホームページの

「お問い合わせフォーム」にてお願い致します。

期間中は大変ご不便おかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう

よろしくお願い申し上げます。

東京都町田市中町1丁目/重量鉄骨造3階建てクリニック兼共同住宅

おはようございます。

本日は、前回に引き続き鉄骨建方工事の御報告となります。
今回は建方工事の各詳細の御報告です。

まずは、柱のジョイント作業です。
建物の高さが高くなると、柱をつなげて上へ伸ばして組み立てます。
IMG_3145.JPG

IMG_3191.JPG

柱と柱を合わせて、再度垂直を確認しながらエレクションピースと呼ばれるプレートで
仮固定を行います。
私たちは1本目の柱を1節(せつ)、2本目の柱を2節と呼んでいます。
更に高い建物だと、3節目、4節目と柱を繋ぐこともあります。
IMG_3578.JPG

次に、歪み調整を行います。
組立時に垂直等を確認していますが、仮組の際に多少なりとも歪みが生じます。
IMG_3270.JPG

IMG_3261.JPG

歪み調整が終わると、いよいよボルトの本締め(本固定)を行い、鉄骨自体の建方が
完了します。
①一次締め・・・仮固定時は必要数の半分程度のボルト数で仮固定していますので
 この際に全ボルトを設置し、仮固定だったボルトも含め締め直しを行います。
IMG_3594.JPG

②マーキング・・・一次締めで固定した位置で各ボルトとナットへ印をつけます。
IMG_3556.JPG

③本締め・・・専用の機械で必要トルク値でボルトの本締めを行います。
IMG_3564.JPG

④完了・・・本締めを行うと、ボルトの頭が自動的に外れて、マーキングした印も、ボルトとナットで
 ズレることを確認します。
IMG_3568.JPG
最後に、錆止めを行い完了となります。

続いて、柱の現場溶接となります。
IMG_3806.JPG
最初に載せた、柱のジョイント部分の処理作業となり、鉄骨の唯一の現場溶接部分になります。
作業には専門の資格が必要となり、有資格者によって溶接を行います。
IMG_3807.JPG

IMG_3811.JPG
溶接が完了すると、やはり専門の検査員により溶接状況の検査を行います。
溶接が規定通り行われているか、音波検査と外観検査を行います。

本締め後は各作業と並行して、各階のスラブ受けとなるデッキ溶接を行います。
IMG_3354.JPG
下の階から順番にデッキを貼り付けます。
IMG_3737.JPG

また、柱の根元を固める作業で、グラウト注入という作業があります。
本締めを行った後に行う作業となります。
IMG_3753.JPG
柱の底と土間の隙間へ専用のモルタルを注入し固定を行います。
IMG_3755②.JPG

ここまでが今回の現場での鉄骨建方の作業となります。
この後は、1階の土間スラブの様に、各階のスラブコンクリートの打設を行います。

これで、建物骨組の全体が出来、全体像が見えてくる日も間近です!

東京都町田市中町1丁目/重量鉄骨造3階建てクリニック兼共同住宅

おはようございます。
寒気がおさまり今週から暖かい日が続きますね!

現場作業もしやすい気候なり、作業も順調に進んでおります。
本日は、鉄骨建方の御報告になります。
が!その前に一つ大事な工程がありました。
鉄骨の製品検査です。
図面通りの寸法に製作が出来ているか?
溶接は基準通りに行えているか?等を現場で組み立てる前に工場で検査を行います。
通常、原設計があり、その次に詳細を記載した製作図があります。
図面を基に寸法のチェックや製作状況、溶接ヶ所の検査報告内容を確認します。

IMG_2943.JPG

鉄骨の製作工場で、設計士様、施工会社、鉄骨制作会社、第三者の溶接検査機関立会いで検査を行います。
組み立ててから、寸法が違う!溶接があまい!などの問題が生じては、手間と時間が膨大にかかったしましますので、この段階で一度検査を行い問題が無いことを確認します。

IMG_3065.JPG
現場では土間と柱の芯の墨出しを行い、いよいよ鉄骨の建方となります。

IMG_3076.JPG
まずは、現場内に鉄骨を吊り上げるクレーン車を据付します。
今回の現場は正面道路を車両通行止めさせていただき、搬入車両は正面道路に停車いて作業を行いました。(順々に建てていき、最終的にはクレーンを正面道路に据え付けます)

IMG_3085.JPG
小さい部材もあれば、大きい部材もありますので1日に7台~9台の搬入を行いながら建込みを行います。
IMG_3102.JPG
まずは柱から建込みをしていきます。
IMG_3104.JPG
柱を建て、仮止めを行います。

IMG_3118.JPG

IMG_3105.JPG
柱も一本一本建ちの垂直レベルを確認しながら仮固定していきます。
ここで斜めになった状態だと上部の梁もズレてしましますので一人は確認作業。
そしてもう一人は、固定作業で分担して行います。

IMG_3127.JPG
四方の柱を仮で建て終わると、柱間を繋ぐ梁の取付を行います。

IMG_3149.JPG
1節目の柱が経ち、外周部の梁が繋ぎ終わると、2節目の柱をジョイントしさらに上層部を立ち上げていきます。

IMG_3209.JPG
最初と同様に、周りの柱が建つと梁を組み、仮固定していきます。
組み立てるうえで、外周部から建てるのは倒壊を防ぐ理由もあります。
柱のみで建っていると地上での風や揺れは小さくても、上層部では大きくなりますので注意が必要です。

IMG_4471.JPG
順番に柱・梁を組み上げて3日で概ねの建方が完了となりました。
途中、外部足場の設置や、鉄骨を繋いでいるボルトの本締め(本固定)やデッキの貼り付け等
細かい作業がありますが、次回のブログで詳細を御報告していきます。


東京都町田市中町1丁目/重量鉄骨造3階建てクリニック兼共同住宅

こんばんは!
今日は都内へ擁壁の現場調査に行ってきました。
途中で、花びらが舞ってる!と思い、空を見ると・・・雪でした。
交通に影響が出るほどだと雨よりも雪の方が現場を考えると怖いのですぐに止んで安心しましたが、
ヒート〇ック着てて良かったぁ~。

では、本題の現場報告です。
先日までの御報告で1階の土間打設まで完了しておりますので
本日は、1階のRC階段部分の施工報告です。
土間の打設後に、基準の墨出しを行い、RC部分に埋め込むBOXや配管の逃げを
行います。
IMG_2475.JPG

IMG_2472.JPG
黒いBOXは電気コンセント用のBOXです。
表面の穴がRC面に並ぶように注意し、尚且つコンクリートを打設した際に、穴の中に
入らないように固定と養生を行います。(2枚目の写真は固定・養生前です)

IMG_2485.JPG
階段下には、1階クリニックで使用する機会が入る為、潰さず箱の様に型枠を
組みます。

IMG_2501.JPG


IMG_2503.JPG
外部廻りの型枠施工が終わると、再度工事を行い、下地が無かった部分の配筋と
廻りの立上り配筋の定着(ていちゃく)を取りつつ鉄筋を繋げます。

IMG_2535.JPG
最後に階段表面の型枠と、周囲の補強を行い完成となります。
IMG_2521.JPG

IMG_2523.JPG

IMG_2532.JPG

打設まで完了して、後は固まる為の養生期間の間、そっと見守ります。
IMG_2562.JPG

型枠を外しても、まだ完了ではありません。
写真上部のピンク色部分には鉄骨階段が置されます。
その他、表面の枠を抑えていたピーコンの穴塞ぎもあります。
今回は、最終的に別の仕上げを行いますので、その時期が来たら様変わりします!
IMG_2851.JPG

IMG_2855.JPG
ちなみに階段下はこんな状態です。

この日は、合わせて鉄骨柱の下地になる饅頭セットも行いました。
IMG_2860.JPG
中央の丸い部分に無収縮のモルタルを流して既定の高さを確保します。
無収縮モルタルは、固まる際に沈んだりしないので、セットした時のレベルが変わることなく
施工できる材料です。
通常のモルタルでは、固まる際に若干ですが水が抜けて沈んでしまうので、
精度が問われる際は無収縮を使用します。

ということで、いよいよ次回は鉄骨の建方報告となります。
構造上の躯体ですし、クレーンを使用して高所作業をする為、いろいろな意味で重要な
工事となります。

東京都北区王子2丁目/重量鉄骨4階建てマンション新築工事

おはようございます。
本日は王子2丁目現場の御報告です。

先日の基礎コンクリート打設から、養生も終わり埋め戻しが始まっております。
IMG_2402.JPG
型枠を解体し、基礎の全貌が見えてきます。
いつも思いますが、型枠解体後の基礎状態は綺麗に形を形成し着工時から見ている風景が全く変わり充実感に満たされます。
IMG_2404.JPG
解体が終わると、埋め戻しと合わせて埋設配管を行います。
配管が床や廊下に飛び出して配管しないように、メインの配管を地中に通しておく作業です。
また、特に排水管は水が自然に流れるよう、決められた勾配をつける為、下水道管に直接繋がる桝を基準に一番遠くの排水位置まで高低差を作る為、地盤下で配管を通す必要があります。
IMG_2417.JPG
合わせて梁と梁の間のピットの埋め戻しを進ます。
IMG_2408.JPG

IMG_2412.JPG
埋設配管や柱の建つアンカー位置、スラブと地中梁をつなぐフカシ筋を残し
埋戻し完了となります。
IMG_2411.JPG

IMG_2420.JPG
次は、いよいよ鉄骨建方となります。
やっと実際の建物の形が見えてきます!!
では、次回の報告をお待ちください!!

東京都北区王子2丁目/重量鉄骨4階建てマンション新築工事


おはようございます。
本日は「北区王子2丁目」の御報告です。
前回の御報告は杭工事でした。
本日は根伐工事の御報告となります。

現場の出入り口から奥行きの長い敷地の為、今回は掘削重機を2台使用し、
奥から手前へ2段階で掘削した残土を搬出しました。
IMG_1133.JPG

IMG_1221.JPG

IMG_1223.JPG

基準となる地面の高さを決めて、基礎に必要な深さまでレベル計を使用して確認しながら掘削を
進めます。
IMG_1157.JPG

深さが足りないと既定の基礎が作れなくなり、逆に深すぎると予定より多く砕石を入れたりコンクリートを
打設する必要が出てきますので、地上と掘削した下の位置とで二人体制で
しっかりレベルを測り必要な深さまで確認しながら作業を進めます

また、掘削前日の雨水と地中からの湧水で水が溜まってしまうため、根伐りと併せて
水を溜める「釜場」を作り水の排出を行いました。
IMG_1135.JPG

IMG_1227.JPG

土が柔らかく泥水もある為、ノッチタンクというろ過装置を経由して水分のみ
排出を行います。
IMG_1226.JPG

こちらが根切り完了状態です。
IMG_1404.JPG
杭を打ちこんだ部分は基礎梁よりも地中方向に長い為、その周りのみこの後の作業に必要な
スペースを確保し掘り下げてあります。
また根伐り後の底盤には砕石を50mmの厚さで敷き詰め、この上にコンクリートの打設を行います。


現在は基礎の配筋作業が完了し、型枠作業が進んでおります。
地中梁打設工事と合わせて次回のブログに載せようと思います!

埼玉県八潮市大瀬/重量鉄骨5階建て医療ビル新築工事

こんにちわ。
大分暖かい日が増えてまいりましたが、朝・夜はまだまだ寒いですね!
これぐらいの気温が屋外作業には暑すぎず、寒すぎず作業しやすいのですが、
わがまま言ってられませんので、とにかく晴れであることを祈ります。


では、本題の現場報告です。
本日は「八潮市大瀬」の根伐り完了の御報告です。
こちらは根伐り開始状況です。IMG_0993.JPG
土を掘り、先に打ち込みをしていたH鋼の間に横矢板を差し込んでいきます。
ユンボで掘削をしつつ、一枚一枚差し込みを行い、土留めの壁が出来ていきます。IMG_0994.JPG
八潮市は湧水が多く、今回の現場でも水が湧いてきました。
日曜休み明けには水溜まりというより・・・池になっていました。
現場のユンボで排水用の釜場を作り、一気に排水作業開始です。
IMG_9348.JPG
IMG_9349.JPG
IMG_9350.JPG
釜場に水中ポンプをセットし、ノッチタンクを経由して敷地の外へ排水します。
地中からの湧き水でも泥が混じっていますので、ろ過タンクで泥や異物を分けて水分だけを排出します。
しかし、水の量が多く驚きました。
あまりの量に念の為、水道局に周辺の排水管が破損していなか調査をしてもらいましたが、
八潮市は殆どがこのような状況とのことでした。
そんなこともあり、現場の施工を少し変更を余儀なくされ、掘削後の捨コンクリートは厚さを50mmから100mmに変更し、掘削範囲も地中梁の干渉しない部分の土をほぼ残さず総掘りを行いました。IMG_0137.JPGIMG_4774.JPG無事、捨コンまで完了しいよいよ建物の基礎の作業となります。
墨出しを行い基礎配筋を組み、型枠を設置しコンクリートで基礎を作り上げていきます。

次回は、基礎の完成までを御報告します!

東京都板橋区中台/地下1階地上2階建新築工事

こんばんは。
木枯らし1号が吹いてから2週間が経ちました。
徐々に寒さも増し、外仕事にはつらい季節の到来です!
私は既に上下ヒート〇ック着用です・・・。

それでは、職人さんが汗だくで作業を進めている、板橋区中台の進捗報告です。
先日のコンクリート打設から、木造の土台を乗せる立上りが完了し、
土台設置が始まっています。



11月7日(火)11月8日(水)社員研修の為休業いたします。

平素は格別のご高配、厚く御礼申し上げます。

臨時休業についてお知らせいたします。

社員研修の為11月7日(火)11月8日(水)の2日間をお休みとさせて頂きます。

休み期間中のお問い合わせにつきましては、弊社ホームページの

「お問い合わせフォーム」にてお願いいたします。

間中は大変ご不便おかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう

よろしくお願い申し上げます。

ゼロホームでは、お問い合せ内容への
回答以外の、しつこい電話営業は一切いたしません。
自信があるから相見積りも歓迎です!
まずはお気軽にご相談ください。
【お電話でのご相談】0120-691-222

10:00~18:30/日曜定休