【公式】コスト削減の実績。安心の重量鉄骨は専門のゼロホームで。

スタッフブログ・新着情報

渋谷区円山町/鉄筋コンクリート造4階建カプセルホテル新築工事

おはようございます。
本日は風があり少し涼しそうですね!
夏の終わりでしょうか・・・・?

本日の御報告はRC造の現場となります。
先日の御報告では、基礎地中梁配筋の完了報告でしたが、その後の型枠・打設・埋戻しから
の御報告です。
IMG_3165.JPG
まずはフーチン廻りの高さまで、ベースコンクリートの打設を行います。

IMG_3411.JPG
ベース打設後に改めて地中梁の枠を建てて、地中梁のコンクリート打設を行います。

IMG_3482.JPG
枠を解体後に、各ピットの埋め戻しを行い。防湿シートを貼り、捨コンクリートの打設となります。

IMG_3552.JPG
捨コンクリートの打設後に床スラブの配筋・設備や電気の先行配管を行います。

IMG_5476.JPG
上記の作業が終わり、ようやく1Fのスラブ(床)コンクリートの打設となります。

IMG_3567.JPG
スラブ打設後は、外周部の型枠立上げの段取りを行います。
基準墨から壁のラインを出し、枠を建てる目安位置に敷桟を行います。

IMG_3749.JPG
外枠の枠建込みを行い、開口の位置出し、内壁とつなぐセパを取り付けます。
この後、壁配筋を行い内枠を建込みます。

IMG_3762.JPG
外枠の建込みの際に、外部の抑え単管の設置も行います。
枠だけでは、固定までの間に傾いたり、配筋の際に位置がずれる可能性がありますので、
概ねの固定まで完了させます。

IMG_3881.JPG
外枠が終わり、壁配筋を行い、再度配筋の記録写真撮影を行います。
構造上、上層階の壁と一体になるので定着を取る必要があります。
その為、枠より上に定着に必要な長さを伸ばして施工しています。


現在、1F壁と2Fスラブの打設が終わり2Fフロアの壁施工に進んでおります。
少し御時間を頂き写真をまとめ次第、改めて御報告とさせてただきます。

足立区西新井栄町2丁目/重量鉄骨3階建保育園新築工事

おはようございます。
台風が通り過ぎましたが、関東の工事現場で足場倒壊の
ニュースを見て、現場に着くまで自分の現場は大丈夫か心配でした。
幸い、まだ低層の足場の現場と3階建てでも補強が取れており、無事でした。

では、本日の御報告です。
本日はALC工事御報告となります。
前回の各階スラブ打設後に墨出しを行い、ALC工事着工となります。
ALCは耐火性の壁材となり、外壁や火事の際に火が廻らないように防火区画と言われる
内壁などに使用します。

IMG_2725.JPG
まずは、ALC工事前の状況です。
(コンクリート打設前の状態です)

IMG_2907.JPG

IMG_3174.JPG
資材の搬入となります。
先行でALC材を固定する為のアングルを搬入し、ALC設置個所に固定していきます。

IMG_3445.JPG
窓や出入口の開口を残し、既に割付通りのサイズにカットされて搬入されたALCの取付を行います。
開口部にはアングルで四方に開口補強を行います。
この補強に、後日サッシの取付時に溶接止めを行います。

IMG_3790.JPG
バルコニー側の外壁と下がり壁の設置状況です。

IMG_3799.JPG
1階の柱巻き状況です。
全体の外周壁とバルコニー下がり壁、1階柱、階段室にALCを取り付けて工事完了となります。

IMG_4268.JPG

IMG_4252.JPG
その後、鉄骨の見えている部分には耐火被覆と呼ばれるロックウールの吹付を行います。
壁の緑部分は断熱材のウレタン吹付状態です。

内装は、御施主様手配の別業者様の工事となりますので、当社は非常照明等の設置を行い、
内部の施工が終了となります。

現在、外壁塗装を行っておりますので次回の御報告は外部の仕上げ状況の御報告となります。

三鷹市中原/解体・擁壁工事

おはようございます。
また、日本に台風が近づいてきましたね。
ニュースでは停車している車が横転するほどの強風が吹いている
映像が流れていました。
現場の足場も急いで職人さんへ台風養生の依頼を掛けましたが、
台風が過ぎるまでは安心できなそうです。

本日の御報告現場は足場も外れ、御引き渡し間近の現場になります。
前回からの引き続きで、本日は打設・型枠解体等の状態報告となります。

IMG_4471.JPG
こちらが打設状況です。
コンクリートを流し込み、高周波のバイブレーションで振動を与えて、鉄筋と鉄筋の間にもしっかり
コンクリートが詰まるように作業を行います。
コンクリートがまんべんなく流し込まれないと、陥没が出来てしまったり、ジャンカという気泡のような
隙間が出来てしまい強度不足の原因や見栄えが悪くなってしまします。
また、流し込むコンクリートは水分を含んでおり、下の方で膨らむことがあるので一気に流さず、
徐々にゆっくり流し込んでいきます。
建物の基礎と違い壁の場合は流し込む垂直距離が高い為、人手を増やし慎重に進めます。

IMG_4478.JPG
養生期間を取り、型枠の解体後がこちらになります。
ジャンカも無く、コンクリートの打設は無事完了となります。
この後、上部のフェンス設置用の壁を再度立ち上げます。

IMG_4952.JPG
まだ完了ではないですが、ひとまず作業のやりやすい高さまで宅地内の埋め戻しを行います。
せっかく作った擁壁が泥で汚れないように養生シートを掛けながら一定の高さまで埋め戻します。

IMG_3707.JPG
下から階段を上ってきた先の突き当りの壁の製作となります。
以前の擁壁同様で、配筋を行い型枠を施工し打設となります。
擁壁同様に何度も垂直を確認し施工しますが、打設前最終チェックを行い、
いざコンクリートの打設となります。

IMG_3704.JPG
中央の壁と合わせて、隣地沿いの壁も同時進行で進めます。
隣地様のブロック塀と一体化しない様、エラスタイトというスポンジのような板を貼り
ゆくゆく、ブロックを解体しても影響の無いように施工を行います。

IMG_3702.JPG
打設を行い、型枠の解体が終わった状態です。
このあと、擁壁の天端へフェンス設置用の段取りを行い、さらに上部へ壁を伸ばします。

IMG_4953.JPG

IMG_4086.JPG

IMG_4084.JPG
申請済みの構造高さの上にフェンス用の壁施工の完了です。
この後は、中央階段や土間製作と型枠を抑えていたピーコンの穴や、枠と枠の継ぎ目の
凹凸処理を行います。

現場は無事施工完了となりましたので、写真を整理して次回は完了の御報告が出来そうです。

渋谷区円山町/鉄筋コンクリート造4階建カプセルホテル新築工事

こんにちは。
8月10日・・・今年のコラボイベントは見送りになっていました。
そして、結果的に8月10日は「イエローハットの日」と認定されたようです。
来年のコラボ企画はまだ白紙のようですが、他の関連企業も参加して大きなイベントになるといいですね!

本日は円山町の基礎配筋工事の御報告となります。
まずは資材の搬入ですが、縦長の敷地奥へはユニック車では鉄筋の重量と距離の関係で
下せない為、クレーンを使用して搬入を行いました。
クレーンの方が搬入時に取り回しがきき効率よく搬入が行えました。
IMG_2745.JPG

基礎エースを設置し、梁の大まかな位置を確認しつつ、空いたスペースに配筋材料を
搬入していきます。
IMG_2738.JPG

材料は敷地内が埋まってしまうほどの量なので、荷受け者と施工者を別けて
同時進行で行います。
IMG_2763.JPGのサムネール画像

水糸とスケールで寸法を確認しつつ配筋を進めていきます。
本来なら床に墨が打ってあるので、今回はひと手間増えてしまいました。
IMG_2922.JPG

IMG_2926.JPG

配筋の継手にはD19以上のサイズは圧接を行いました。
これにより、重ね継手より鉄筋量も減り、過密配筋を軽減できるため、配筋同士のアキも
確保できます。
IMG_2943.JPG

IMG_2950.JPG

圧接が完了すると、周りの配筋を進め、全体の完了となります。
IMG_3075.JPG

配筋はコンクリートに埋まってしまい全く確認出来なくなりますので
このタイミングでチェックと査時に質疑があった際の為に写真撮影を行います。
上記作業の完了後に枠工事を進めることとなります。

現在は基礎の打設・埋戻しも完了し、お盆休み明けから1Fの躯体工事に入っていきます。

足立区西新井栄町2丁目/重量鉄骨3階建保育園新築工事

おはようございます!
「イエローハット」さんと「ピザハット」さんのコラボの行方が気になります・・・。
しかし「ハット」違いは知りませんでした。

では、本日の御報告はデッキ設置後の続きとなります。
先日のブログでは、デッキ設置後のスラブコンクリート打設報告を予定しておりましたが、
その前に柱脚溶接の報告です。

こちらの写真は、柱のつなぎ目を現場にて溶接固定している状況です。
鉄骨造の場合は、3階層以上だと大抵の建物が途中で柱を繋いで上層階へ柱を伸ばします。
今回は3階層でしたので、2階の中間で柱のジョイントを行い屋上まで柱を伸ばしました。

IMG_1777.JPG
鉄構制作時に柱のジョイント部に互いに溝を加工しておき、現場での建方時に
柱通しをかみ合わせて、ボルトの本締め完了後につなぎ目をアーク溶接で結合させます。

IMG_1855.JPG
溶接完了後は、音波検査を行います。
これで、必要な溶接固定が行われているか?欠損部分は無いか?
などの検査を行います。
一日で柱8本全ての溶接→検査を行う為、過密なスケジュールとなります。

IMG_2718.JPG
こちらはスラブ配筋完了状況となります。

IMG_3554.JPG
配筋完了後の各階スラブコンクリート打設状況です。
一カ所に集中して作業していますが、
流し込みに2名・振動を与えてコンクリートを伸ばす作業と補助で2名
さらに表面の均しに2名・次の打設箇所段取りや細部のコテ均しに2名
という配置でいっきに打設を進めます。

IMG_2892.JPG
打設が終わり、翌日には基準の墨出し作業を行います。
この線は基礎の段階から基準として使用している墨で、地上から各階へ同じ位置に
繰り上げしていきます。
各階で基準墨の位置が違うと、建物のそのものがズレてしまいますので大事な基準となります。

現在は、この基準墨を元に外壁のALC施工を行っております。
次回はお盆休み明けにALC施工の全体報告が出来そうです。

三鷹市中原/解体・擁壁工事

こんにちは!
学校は休みに入り、暑さが増して夏本番!って感じですね。
しかし、暑さの話はさておき、今月は「ブラックムーン」だそうです。
私も何のことか全く知りませんでしたが・・・
地球・月・太陽の順番で並ぶことだそうです。
地球からは月の影しか見えないので、全く見えないか、うっすら細い円形に見えるそうです。
この状態が、月に2回起こる月を「ブラックムーン」と呼ぶそうです。
月の現象にもいろいろ呼び方があるんですね!

では、前置きが長くなりましたが先日の続きで、
こちらは足場の設置状況です。
IMG_2250.JPGのサムネール画像

IMG_2251.JPG
分かりづらいですが、電柱の頂上近くまで高く足場設置を行っております。
擁壁の高さが4mもありますので当然ですね!

IMG_3492.JPG
外部面の型枠を先行で建てていきます。

IMG_3500.JPG
片面の型枠が終わると、鉄筋の立ち上げとなります。
中央のグレーの薄っぺらい物は、エラスタイトという物で「伸縮目地」になります。
温度変化で膨張や収縮が起こった際にコンクリートの亀裂を最小限で食い止めるための物です。

IMG_3502.JPG
その他、枠を両面塞ぐ前に水抜きパイプを設置します。
こちらは3㎡辺りに1個設置していきます。
通常擁壁の内側には土を戻しますが、雨などで浸み込んだ水分を排出する為の物です。

IMG_3506.JPG
残るは、片面の枠を塞いでコンクリートの打設となります。

IMG_3509.JPG
この後、打設→枠解体→埋戻しで概ね完了となります。
ようやく第一期工事の先が見えてきました。

次回は、打設後の全景を御報告いたします。

夏季休業のお知らせ

2019.07.31

/ 新着情報

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

弊社の夏季休業についてお知らせ致します。

8月12(月)~8月16日(金)をお休みとさせて頂きます。

休み期間中のお問い合わせにつきましては、弊社ホームページの

「お問い合わせフォーム」にてお願い致します。

期間中は大変ご不便おかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう

よろしくお願い申し上げます

足立区西新井栄町2丁目/重量鉄骨3階建保育園新築工事

こんにちは。
昨日、今日は梅雨の合間の晴天ですね。
・・・台風が近づいていますが!!

さて、本日は鉄骨建方の御報告です。
建築の中で建物の全体が見えてくる第一段階で、建築の実感がわく工程です。

IMG_0752.JPG
クレーンを据え付けて搬入車を入れるとあまり、材料を保管する場所がない為、
鉄骨の搬入と柱の建方を交互に行います。

IMG_0823.JPG
今回は敷地の奥から建方を行い、徐々に道路側へ逃げていく段取りで進めていきました。

IMG_0860.JPG

IMG_1006.JPG
奥の柱間1スパンを組み上げて仮固定ののち、敷地奥の外階段の設置を行います。

IMG_0985.JPG
2日目に残りの柱も建て、クレーンを残し、外周部から組み上げていきます。
本来は、車両通行止めの許可をとり正面道路にクレーンを据えて付け作業をしたいところでしたが、
なかなか条件が合わず、道路使用許可の範囲でクレーンの出入りが可能なギリギリまで
敷地内で作業を行いました。

IMG_1067.JPG

IMG_1236.JPG

IMG_1242.JPG
組み上げる際には、安全仮設と呼ばれる命綱を掛けるロープや、落下防止の水平ネット(青いネット)
を同時に設置して安全確保を行います。

鐵骨建方.JPG
無事に建方の完了です。

この後も、歪み調整やボルトの本締め等重要な工事が続きますので、
また写真を整理して御報告いたします。

三鷹市中原/解体・擁壁工事

こんにちは!
6月も中旬に入り、雨の日が続いたかと思えば、
暑い日もあり、肌寒い日もあり、気候の変化が多い季節になりました。

本日は三鷹市中原擁壁工事について報告します。

IMG_1283.JPG

IMG_1284.JPG

擁壁を支える為の鋼管杭を打ち込んでいきます。

IMG_1287.JPG

IMG_1280.JPG

IMG_1290.JPG

その後、予定地盤面まで掘削を行います。

IMG_1293.JPG

IMG_1282.JPG

擁壁底盤の鉄筋と緊結する為に、補強筋を鋼管杭に溶接します。

同じく擁壁底盤のコンクリートと緊結する為に、パイルキャップを用います。

今後も随時、工事が進捗次第報告します。
職方の皆さん、今後も安全第一でお願いします。

近隣の皆様、引き続きご協力の程、宜しくお願いいたします。




渋谷区円山町/鉄筋コンクリート造4階建カプセルホテル新築工事

こんにちは。
6月に入っていよいよ暑さが増してきましたね。
去年は記録的な猛暑でしたが、今年は多少は和らいでくれることを期待してます。

さて今回は、新規鉄筋コンクリート4階建新築工事の様子を報告します。

IMG_1255.JPG


現地の地層を調べるために、ボーリング調査を行いました。

IMG_1259.JPG

地鎮祭も無事終了しました。

IMG_1257.JPG

IMG_1247.JPG

元々駐輪場として、使用していたため、アスファルトを解体整地します。

今月15日から鋼管杭工事を施工します。
前面道路が狭く人通りも多い場所のため、いつも以上に安全に気を付けて、
工事を進めていきます。







ゼロホームでは、お問い合せ内容への
回答以外の、しつこい電話営業は一切いたしません。
自信があるから相見積りも歓迎です!
まずはお気軽にご相談ください。
【お電話でのご相談】0120-691-222

10:00~18:30/日曜定休