【公式】コスト削減の実績。安心の重量鉄骨は専門のゼロホームで。

スタッフブログ・新着情報

河田町マンション新築工事

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

年明けからうれしいニュースを耳にしました。
スラムダンクの新作映画が製作中とのこと!
公開時期は分かりませんがリアルタイムで見ていた者としては
既に楽しみです。

今年一発目の御報告は河田町マンション様の御報告です。

新宿区河田町_200923_29.jpg

新宿区河田町_200923_25.jpg
まずは既存のRC躯体が今回の建物基礎に干渉している部分がある為、
墨出しを行い、干渉部分の詳細寸法の確認を行います。

新宿区河田町_201014_21.jpg
いよいよ干渉部分の解体となりますが、作業前に地下へ重機・材料の搬入です。
既に地下が出来ている為、自走では降りられず、クレーンで吊って搬入を行います。

新宿区河田町_201014_3.jpg
解体となるとコンクリートの斫りがある為、大きな音が延々と出てしまう為、
周囲を防音シートで覆い少しでも近隣への騒音を軽減できるように作業を行います。

新宿区河田町_201022_11.jpg

新宿区河田町_201022_7.jpg

新宿区河田町_201104_2.jpg
2台の重機で大まかに解体し、細かい部分や鉄筋の処理は手作業で行います。
解体の際も、根伐り同様で隣地沿いが崩れないように注意しながら、
山留を行いながらの作業となります。

新宿区河田町_201105_8.jpg
干渉していない部分はそのまま残し、新たに捨コンクリートを打設する為に
砕石で整地、レベル調整を行います。

新宿区河田町_201109_46.jpg

新宿区河田町_201109_5.jpg
捨コンクリートが終わり、基礎の墨出しを行います。

この辺の作業から普段と同じ作業工程へと移っていきます。
さすがに、RC躯体の解体は時間がかかりました。
ここから少しペースアップして進めなければ!!

次回は、柱脚・基礎配筋関連の御報告となります。


年末年始休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

弊社の年末年始休業についてお知らせ致します。

令和2年12月27日(日)~令和3年1月5日(火)の10日間をお休みとさせて頂きます。

休み期間中のお問い合わせにつきましては、弊社ホームページの

「お問い合わせフォーム」にてお願い致します。

期間中は大変ご不便おかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう

よろしくお願い申し上げます。

河田町マンション新築工事

こんにちは。

本日は久々の新規案件の御報告です。
重量鉄骨の4階建てで、1階が店舗・2階~4階が共同住宅の建物になります。

今回は、今までと違い元々地下2階の建物があった跡地に建設を行います。
新築の建物には地下がない為、既存の地下階をコンクリートで潰し、
その上に基礎から立ち上げていきます。

まずは、地下の処理(流動化処理)を行います。

IMG_4931.JPEG
既存も新築も境界ギリギリにある為、ポンプ車もミキサー車も車道に停車しての作業となりました。
片側通行での道路使用をとり、警備員も多めに配置して準備万端です。

IMG_4937.JPEG

IMG_4963.JPEG
地下2階部分までポンプ車のホースを延ばし、どんどん流し込んでいきます。

IMG_5137.JPEG

IMG_5211.JPEG
1日目で地下2階の天井手前まで終わり2日目で完了しました。

通常のコンクリートと違い柔らかい材質の為、固まるには少し時間がかかりますが。
固まり次第、次の工程へ移れます!
それまで御報告もしばしの御時間頂きます。

山下町S造4階建店舗併用共同住宅新築工事

こんばんは。

またまた期間が空きました。
今回は開き直ります。
その分長めに御報告してみたいと思います。

早速、メインの鉄骨建方です。
1日目は、大きめのクレーンを敷地内に据え付けて、敷地奥側の建方をメインで行います。
A0629003 - コピー.JPG
一番大きい部材となる柱の搬入から始まります。

A0629005 - コピー.JPG
近隣への御迷惑を少しでも減らす為、一旦敷地内へ搬入車1台分の部材を降ろし、
搬入車両を撤退させます。

A0629009 - コピー.JPG
柱→梁の順で外回りの部材を組み上げていきます。

A0629040 - コピー.JPG
柱単体で独立させることは可能ですが、現時点では仮固定までしかできず不案内な為、
各柱どおしを梁で繋げることで自立させます。

IMG_0753.JPEG
柱は2本を縦積みしますので、1段目の作業が落ち着くと、2段目の作業も同様に
進めていきます。
※柱のつなぎ目は柱脚溶接と言い、建方後に現場溶接で接合します。

IMG_0929.JPEG
2日目からはクレーンのサイズを下げて手前側の建方を行います。
写真は3日目となります。
徐々に敷地の外へ追いやられていくにつれ鉄骨が建ちあがっていきます!!

IMG_1052.JPEG
最終的には敷地の外でクレーンを据え付けての作業となります。

A0703007 - コピー.JPG
歪み調整も完了し、5日目には無事に鉄骨の組み立てが完了です。

IMG_1366.JPEG
次に、外部養生で足場設置を行います。

A0708021 - コピー.JPG
各柱の固定が完了すると、根元のベースパックと言われる柱脚部分の固定を行います。
隙間部分を無収縮モルタルで埋める作業なります。

IMG_1633.JPEG
また、同時期に柱と柱のつなぎ目を現場にて溶接接合を行います。
「柱脚溶接」と呼ばれる作業になります。

IMG_1714.JPEG
まずは建方時に固定していたプレートをカットし、柱と柱のつなぎ目を溶接接合します。

A0711008 - コピー.JPG
接合後に表面の唐突を削り、接合部が冷めたら超音波による検査を行います。

IMG_1848.JPEG
各階のデッキ設置と接合部の錆止め塗装も完了し鉄骨作業の完了となります。

撤回します。
長めの報告というより写真枚数が多かっただけでした!

銀座一丁目 新築工事

こんにちは。

福留さん縦じまユニホームで最後の練習終わっちゃいましたね。
戦力外・・・一般社会で言うと解雇ですかね?
どの世界も厳しい現実はあるものの、スポーツの世界は極端ですね!
知識を持っていても体が付いてこないと選手としては・・・
で、ブログの内容とは全く関係ないです。ただの小言です。


本日は「銀座一丁目」のALC工事からの御報告です。

IMG_5301.JPEG
まずは、上空の配線をかわしつつ狭小なスペースからの材料搬入です。
搬入車とクレーン車を建物ギリギリで配置し、上空でALCの向きを変えながらの搬入です。
通常より小分けにしての作業となり、いつもより時間はかかりましたが、
みなさん試行錯誤しながら効率よく作業してくれました。

IMG_5341.JPEG

IMG_5782.JPEG

IMG_5753.JPEG
建込みが始まればあっという間に外壁の出来上がりです。
※仕上げはこの後ですが!

IMG_7406.JPEG
ALCが終わると、耐火被覆(ロックウール吹付)を行います。
作業中は、外へ吹付の材料が飛ばないよに開口部の養生をしたままなので、
室内で埃のような細かいチリが舞う為、他の作業は一切入れません。
私も施工写真を撮るときは、毎回ササっと小走りで2~3枚撮影して逃げています。

IMG_7361.JPEG

厚み確認.JPEG
梁・柱などの鉄部を厚さ25mm以上で覆い隠し完了となります。
厚さは専用のピンで確認できるようになっており、そのピンも残したままにしておきます。

IMG_7317.JPEG
室内は並行作業が出来ませんが、屋外は着々と作業を進め外壁塗装も終わりに近づいております。


近々、外部の自社検査を行い足場撤去を予定しております。
次回の御報告で全体の写真を御報告できる・・・・・・・・ように頑張ります。


山下町S造4階建店舗併用共同住宅新築工事

こんにちは。
本日は「山下町」の御報告となります。
こちらも長く空いてしました・・・。
大分工事は進んでいますのでピッチを上げて御報告させていただきます。

前回は埋戻しまでの御報告でしたので、
土間スラブ配筋~土間コンクリート打設~シートパイル撤去までの
盛りだくさんな御報告です。

まずは、土間スラブ配筋となります。
IMG_9955.JPEG
配筋の配置方向によって鉄筋のサイズ違うので、注意が必要な作業です。
自分も初めは配筋方向を見間違えて職人さんに指摘してしまいそうになりましたが
逆に上司に自分が注意された記憶が!

IMG_0094.JPEG
スラブ配筋と立上り、スラブ開口補強が終わり、打設の為の型枠作業へと移ります。

IMG_0188.JPEG
型枠が完了し、スラブレベルのポインターセット後に土間コンクリートの打設を行いました。

IMG_0244.JPG
最後の最後に小雨が降ってしまいましたが無事に打設を完了しることができました。

IMG_0281.JPEG

IMG_0298.JPEG
鉄骨が建ってしまうと敷地内での重機作業が出来なくなってしまう為、
土間養生を行い、シートパイルの撤去となります。

撤去後に再度場内清掃を行いいよいよ鉄骨建方となります。

銀座一丁目 新築工事

こんにちは。
御無沙汰しております。
大分更新が空いてしまいました。
現場は進んでいるのですが、自分がバタバタしておりました。

では早速ですが、前回からの続きの報告です。
ちょっと飛ばして「あわよくば・・・」と思っていた鉄骨建方の御報告です。

IMG_9093.JPG
まずは材料の搬入です。
クレーンを敷地前面に据えて付けて、車道を通行止めにて作業を行いました。
搬入車両も通行止めにした車道で停車し資材の受け取り開始です。

IMG_9095.JPG
一旦、お隣様の正面に柱材料を降ろし、まずはこの場所で柱を建てます。

IMG_91030.JPG
柱の根元を軸に先端を引き上げて一度直立に建てます。

IMG_9104.JPG
そのまま、現場内へ移動し、所定の位置へ設置します。

IMG_9096.JPG
各柱を仮固定して次の工程となります。

IMG_9108.JPG
各階の梁を繋ぎます。
2階の梁まではさほど恐怖を感じませんが、3階辺りからは安全帯を付けていても
足元が狭いので見ているほうも心配です。

IMG_9109.JPG
全体の梁と階段を仮固定し、落下防止のネット(青い網)をセットして初日は終了となりました。

IMG_9101.JPG

IMG_9102.JPG
2日目以降も同様の作業で屋上階まで仮固定を行い、3日目に歪み調整を行いました。

IMG_6318.JPG
さすがに、目視やスケールでは確認できないので、トランシットを使いmm単位で
調整を行います。
歪み調整が終わると、ボルトの本締めを行います。

IMG_6323.JPG
鉄骨が決まり各階のスラブデッキ、コンクリート止めの設置を開始します。

IMG_6327.JPG
次に耐火補強筋等のスラブ配筋を行い、レベルを確認しスラブコンクリート打設の
準備完了となります。

IMG_63320.JPG
各階のスラブと階段の打設、墨出しを行い、次の工程のALCの職人さへ
現場を渡します。

本日の報告はひとまずここまでといたしますが、現在は既にALCも完了し耐火工事中です。
また合間をみて更新していきます。

銀座一丁目 新築工事

こんんちは&お久しぶりです。
最終更新から約2カ月・・・更新する内容は溜まっております。
しかし、小出しにします。現場優先でして・・・。

では、早速前回の続きからとなります。

IMG_3504.JPEG
前回のスラブ枠完了後に、スラブ配筋となります。
地中梁の上端と定着をとり、設計図のピッチで上下2段に配筋します。

IMG_3542.JPEG
型枠搬出の為に設置した開口周りは、強度を保つ為、
スラブ配筋とは別に補強筋の設置を行います。

IMG_3544.JPEG
配筋作業が終わり、地中梁と1Fの土間スラブを同時打設となります。

IMG_4250.JPG
地中梁の下端の状況が確認できない為、梁の打設には時間をかけゆっくりと進めます。

IMG_4251.JPG
地中梁の打設が落ち着き、土間スラブの打設へと移ります。

IMG_42520.JPG
全体の打設が完了すると、コテで表面を抑えて完了となります。

IMG_3628.JPEG
打設翌日の状態です。
あまりの暑さで表面が急激に乾いて割れが出ないように、水撒きを行った後の状態です。

IMG_3718.JPEG
型枠の解体を行い、埋め戻しと合わせて、山留の撤去を行います。

IMG_3724.JPEG

IMG_3881.JPEG
外周部、宅内の一部埋め戻し範囲の埋め戻しを行い作業完了となります。

基礎の完了でやっと一息です。
次回は、外部配管、1F立上り、あわよくば鉄骨建方の御報告予定です。

銀座一丁目 新築工事

こんばんは。
気になったのですが、8月11日は「山の日」でしたよね?
いや!昨日(10日)が「山の日」で祝日だ・・・。
一応調べちゃいました。
オリンピックの関係で、今年だけ日が変わっていました!
来年は11日が「山の日」のようですが、オリンピックが延期になったので日程が変わらなければ
来年も10日ですね!

では、使えない豆情報は終了します。

本日は、「捨コンクリート打設」後の御報告となります。

IMG_1751.JPEG
まずは、コンクリート上にベースパック、基礎梁の位置に墨を打ちます。
これに沿ってこの後の作業が進められますので、大事な作業です。
墨出し職人さんの作業後に自社で梁の幅や、基準線から位置寸法の確認を行います。
1ヶ所間違っていると、最悪全体を修正する可能性もありますので、しっかり2重チェックです。

4620693218504593356.33ea95b03195433a3fa5d6f634a9eccb.20071306 - コピー.jpg
次に、柱の基礎となるベースパックの設置となります。

IMG_2131.JPEG
続いて基礎配筋の作業です。
構造図通りの鉄筋を組み上げていきます。

銀座 基礎配筋.JPEG
基礎配筋が完了し、本来は型枠作業となりますが、今回の現場耐圧スラブがある為、
先行で耐圧スラブの打設を行います。

4620693218504593356.eaa90e8823b33653528d0fd6bdfe344e.20080103.jpg

IMG_3314.JPEG
耐圧スラブの打設後に、地中梁の型枠状況となります。
梁自体は高さ:1,400mmありますが、耐圧スラブの厚みが400mmあるので
残り1,000mmの型枠となります。

IMG_3365.JPEG
今回はピット内の大半が埋戻し無しの為、スラブ枠の設置までで基礎型枠作業の完了となります。
写真に写る3カ所の四角は、打設後にピット内の型枠を搬出する為の開口となります。

次回は、「地中梁・1Fスラブ打設」「型枠解体」の御報告になると思われます。

山下町S造4階建店舗併用共同住宅新築工事

こんには!!
とりあえず、暑い!!の言葉が癖になりそうな天気ですね。
梅雨が明けたと思ったら、一気に夏の暑さですね!
雨続きよりは現場は喜ばしいのですが、暑すぎるのもいかがなものか。

意識がまともなうちに、御報告進めさせていただきます。

まず、前回は地中梁打設と型枠の解体までの御報告でした。
本日は続きの「埋戻し」「埋設配管」となります。
IMG_9555.JPEG
まずは、重機の搬入ラインの養生からとなります。
土工作業だと少なからず、汚れ等が付いてしまいますが、最小限に抑えるために養生をします。
その後の掃除も楽になりますので・・・。

IMG_9568.JPEG
手前のピットから埋め戻しを始め、重機の足場を確保していきます。

IMG_9574.JPEG

IMG_9592.JPEG
奥のピットでは電気の埋設配管を進めます。
埋設用のエフレックス管を引込開閉器の位置から、室内パイプシャフトの位置まで配管します。

IMG_9581.JPEG
配管が終わる頃には、埋め戻しが追い付き、配管も埋まっていきます。

IMG_9588.JPEG
この際、配管自体に極端に土の荷重がかかりすぎたり、管自体が直角程度まで曲がる、
又は折れないように注意し、調整しながら埋戻しを行います。
直角近くまで曲がってしまうと、電線を通す際に角に当たり、通線がしずらくなってしまいます。
むろん折れたら・・・電気業者さんに怒られてしまいます。

IMG_9590.JPEG
各ピットに規定の高さまで埋戻しが終わり、次のガス埋設配管となります。

IMG_9832.JPEG
ガスの配管は、電気と違い鉄管を使う為、直線的に施工する為、埋め戻しが概ね完了してから
行います。
まず、配管ルートを一度掘り起こします。

IMG_9859.JPEG
掘削したラインにガスのメイン管を設置します。

IMG_9641.JPEG
最後に、レベル調整と合わせて砕石敷きを行い、配管を傷めない様、プレートにて転圧していきます。

IMG_9813.JPEG
全てが終わると、梁天端の清掃を行います。
埋戻し時に、土屋砕石が入ってしまう為、高圧洗浄を行います。

IMG_9915.JPEG
最後に、土間シートを敷き詰めて完了となり、鉄筋屋への引継ぎとなります。

次回の御報告は、「土間配筋」・「歪み調整」の御報告です。
いよいよ鉄骨建方の御報告が近くなってまいりました。

ゼロホームでは、お問い合せ内容への
回答以外の、しつこい電話営業は一切いたしません。
自信があるから相見積りも歓迎です!
まずはお気軽にご相談ください。
【お電話でのご相談】0120-691-222

10:00~18:30/日曜定休